源頼朝は水を誤嚥して命を落とした?

 飲み物や食べ物が誤って気管や肺に入ってしまうことを誤嚥(ごえん)と言います。

 誤嚥すると普通は咳き込んだり、むせたりして気管から出そうとするのですが、高齢者や病気の方は排除するチカラが低下しているために、気管に残ったままになりやすいのです。抵抗力・免疫力が下がっていることで、誤嚥性の肺炎を招き命を落とすことも希ではありません。

 誤嚥性肺炎の予防のひとつに、「口の中を清潔に保つ」があります。細菌が気管に入り誤嚥性肺炎になることもあるため、歯磨きやうがいを心がけることが大切です。

 源頼朝は水を誤嚥して命を落としたという説もあるのだとか。
 https://www.jda.or.jp/park/knowledge/yoritomo.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top