とうもろこしのすり流し

とうもろこしのすり流し

とうもろこしのすり流し

 ともろこしが美味しい旬は6月~9月中旬です。皮の色が鮮やかな緑色のものを選びます。ひげが茶色いものが完熟している印です。

 収穫と同時に急速に糖分がでんぷん質に変化し甘みが薄れてしまいます。 購入後すぐに調理するか、皮付きのままラップで包み野菜室かチルド室で冷蔵し、早めに召し上がるのがよいです。

 加熱したものはラップして冷凍保存できます。実をはずして冷凍すると使い易いです。

<材料2〜3人分>
 とうもろこしの粒・・・・・・・・・・・・・・ ・120g(約1本分)
 かぼちゃの果肉(または かぼちゃのピュレ)・・・ 40g
 ご飯・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 20〜40g
 塩 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小さじ1/4
 和風二番出し汁 ・・・・・・・・・・・・・・・・400cc(2カップ)
 西京味噌・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 35g(大匙2)

ここではかぼちゃのピュレの作り置きを利用しています

ここではかぼちゃのピュレの作り置きを利用しています



<作り方>
①とうもろこしの皮とひげを取り除き、横半分に切る。包丁で実を削り取る。
②かぼちゃは種を取り除き、皮をむく。材料の分量分を準備し1cm角に切る。
*「基本のかぼちゃのピュレ」のピュレがあれば、そちらをお使いください。

③鍋に出し汁、とうもろこし、かぼちゃ、ご飯、塩を入れ強火にかける。
 沸いたら弱火にして、材料が充分にやわらかくなるまで、約15分程煮る。

まずは材料をやわらかく煮るところから

まずは材料をやわらかく煮るところから

*出し汁は昆布カツオ節の出し汁にしたり、昆布だしにしたり、お好みで結構です。
 ここでは、昆布とカツオ節の出し汁を使いました。

④③に西京味噌を加え混ぜる。

*今回は西京味噌を使いましたが、メーカーによって甘みと塩分が異なりますので、味噌の分量は加減してくださるようにお願いいたします。

⑤④をミキサーまたはフードプロセッサーに入れ、粒が見えなくなるまで撹拌する。

⑥⑤を目の細かい濾し器またはざるで濾す。

濾すことで、なめらかになり一層おいしくなります

濾すことで、なめらかになり一層おいしくなります


⑦粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。同時に、器も冷やしておくと尚よいでしょう。

⑧充分に冷えたら、玉じゃくしで底からかきまぜてから、器に注ぐ。
*咀嚼・嚥下の程度によっては、トッピングにとうもろこしの実やアサツキのみじん切りを散らしてもよいです。

*ご飯は、煮込むことで でんぷん質が溶け出し、汁にとろみをつけることができます。

*かぼちゃは甘み、色味、とろみをつけるために効果的です。かぼちゃがない場合は省いて結構です。その場合は、ご飯の量を少し増やしてとろみを加減するとよいでしょう。

*温かいすり流しも美味しく召し上がれます。

*味付けはお好みに合わせてアレンジしてお作りになってみてください。

 

 

 

 

 
Top