基本の焼き茄子のピュレ・ゼリー

基本の焼き茄子のピュレ&ゼリー

基本の焼き茄子のピュレ&ゼリー


 茄子の皮は噛み切ることが難しいうえに、咽喉(のど)にはり付きやすいため、状態に応じて「細かい格子目の隠し包丁」を入れたり、皮をむいて調理することが必要です。

  別のページに「蒸し茄子のピュレ」「蒸し茄子のゼリー」をご紹介していますが、蒸し茄子は翡翠色が美しく、焼き茄子は香ばしさが魅力です。同じ料理の素材として使っても、味も風味も違うので、「焼き茄子」についてもご紹介したいと思います。

 

焼き茄子のピュレ


<作りやすい材料>
 茄子 2本・・・・・・・・160g
 
<作り方>
① 茄子のへたつきの首に包丁を当て、ぐるりと浅く切れ目を入れる。
  縦に1cm〜1.5cm幅の包丁目を入れる。

やきなす

へたつきの首の回りと、身の部分に縦に包丁目を入れる


② 焼き網にのせ、強火で焼く。竹串がすっと通るくらいの柔らかさが目安。

焼き網にのせて強火で焼きます

焼き網にのせて強火で焼きます


③ 楊枝で包丁目を入れたところから皮を薄くはぐ。

楊枝でうすくはぐ

楊枝で皮を薄くはいでいきます


④ ヘタを切り落とし、横に3等分くらいに切り、フードプロセッサーにかける。

フードプロセッサにかけて、滑らかにしたらできあがり

フードプロセッサにかけて、滑らかにしたらできあがり


⑤ 使いやすい分量に小分けして冷凍すると便利。写真は30gずつ冷凍。


*焼き茄子の皮をむく時に、水につけると茄子が水っぽくなり、旨味や香ばしさも失われます。
 あらかじめ包丁目を入れることで、むきやすくなります。


*「基本の焼き茄子とピュレ」を基に、ディップ、和え物、ゼリー、ポタージュ、すり流し、ムース、
    フランなど様々に応用できます。


この「焼き茄子のピュレ」を活用したレシピ

焼き茄子のクリームチーズソースがけ

焼き茄子クリームチーズソースがけ

(料理写真をクリックするとレシピページを表示します)

 

 

焼き茄子のゼリー


<材料>

 焼き茄子ピュレ・・・・・・・・・・50g
 水・・・・・・・・・・・・・・・50g
 ゼリー化パウダー(ミキサーゲル)・・・・1g〜1.5g(材料全体の1%〜1.5%)

※ゼリー化パウダーについては「とろみ剤・ゼリー化パウダー」カテゴリーの「ゼリー化パウダーについて」ページ(←リンクしています)に特徴や使い方を紹介しているので、そちらをご覧ください。


<作り方>
「基本の蒸し茄子のゼリー」(←サイトにリンクしています)の要領と同様です。ご参照ください。

 


 

 

 
Top