基本のミックス・キノコのピュレ

基本のミックス・キノコのピュレ

基本のミックス・キノコのピュレ


 高齢者や咽頭(いんとう)の反射が遅い嚥下(えんげ)困難な方は、キノコのような「つるり」とした食感のものは、誤嚥(ごえん)の原因ともなります。咽頭の受け入れ態勢が出来ていないうちに勢いよく咽頭へ送られてしまうためです。

 咀嚼(そしゃく)の困難な方には、つるつると口の中で滑り、なかなか噛めないといったことが起きます。
 
 そんなキノコですが、旨味や風味が料理に奥行きを出しますし、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素も豊富なので食材としては魅力が大きい。そこで、ピュレにすることで、摂取しやすくしましょう。


<作りやすい材料>
 好みのキノコを数種類・・・・・・・・・・・・・全部で400g
  ・しめじ 1パック・・・・・・・・・・・・・180g
  ・ブラウンマッシュルーム 6個・・・・・・・110g
  ・しいたけ 5枚・・・・・・・・・・・・・・110g

 玉ねぎ 1個  (キノコの半量)・・・・・・・・・・・・200g
 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2g
 オリーブ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1.5

好きなキノコを数種類と、玉ねぎを用意します

好きなキノコを数種類と、玉ねぎを用意します


<作り方>
① 玉ねぎは皮をむき縦半分に切る。切り口を下にして繊維に逆らって横に薄くスライスする。
 *繊維を断ち切ることで火の通りが早くなります。
 しめじは石突きを切り落とし、バラバラにしておく。しいたけとマッシュルームは薄くスライスする。

それぞれを薄くスライスします

それぞれを薄くスライスします


② フライパンにオリーブ油を入れ、玉ねぎを強火で炒める。油がなじんだところで、キノコと塩を加え、強火でさらに炒める。

まずは強火で玉ねぎを、油がなじんだらキノコと塩を加えて炒めます

まずは強火で玉ねぎを、油がなじんだらキノコと塩を加えて炒めます


③ しんなりしてきたら、中火に落とし、全体がしっとりとするまでしっかり火を通す。

しんなりしてきたら、中火でしっかり

しんなりしてきたら、中火でしっかり


④ フードプロセッサーで滑らかなピュレ状にする

フードプロセッサで粉砕して

フードプロセッサで粉砕して

滑らかなピュレ状に

滑らかなピュレ状に


⑥ 使いやすい分量に小分けして冷凍すると便利。
写真は30gと15gずつに冷凍。

一つ足すだけで、うまみや風味の良さが広がる万能ピュレです

一つ足すだけで、うまみや風味の良さが広がる万能ピュレです

小分けにして冷凍しておけば、ポンとお鍋に入れるだけでOK

小分け冷凍しておけば、ポンとお鍋に入れるだけでOK

こうしておけばわかりやすいですね

こうしておけばわかりやすいですね

   
*数種類のキノコを混ぜることで、味や香りに深みが増します。
それぞれのキノコの分量は適当で結構です。
玉ねぎ:キノコ=1:2が、だいたいの目安です。

*この「基本のキノコのピュレ」はまさに万能。ディップ、リゾット、ポタージュ、すり流し、ムース、
 フラン、茶碗蒸し、オムレツ、グラタン、キノコソース、ミートソースなど様々に応用できます。

 

この「基本のミックス・キノコのピュレ」を活用したレシピ

ミックスキノコの洋風茶碗蒸し

ミックス・キノコの洋風茶碗蒸し

(料理写真をクリックするとレシピページを表示します)

 

 

 

 

 
Top