鮭のクリームシチュー

鮭のクリームシチュー

 鮭のハラスは脂が乗って身がしっとりとやわらかな魚です。
 小さく刻んだ野菜をトロトロになるまで煮て、さっとソテーしたハラスを混ぜれば、しっとり食感が食べやすく、おいしいクリームシチューのできあがりです。
 蕪、冬瓜、ホタテ、タラ、サワラなど身のやわらかな野菜や魚介を使って、いろいろなバリエーションをお楽しみいただけます。

<材料 1人分>
 鮭ハラス切り身・・・・・・・・50g
 玉ねぎ・・・・・・・・・・・・75g
 じゃが芋・・・・・・・・・・・45g
 人参 ・・・・・・・・・・・・15g
 白菜の葉・・・・・・・・・・・適量
 塩・・・・・・・・・・・・・・適量

 水・・・・・・・・・・・・・・135cc
 コンソメの素・・・・・・・・・小さじ3/4
   白ワイン・・・・・・・・・・・15cc
 ローリエ・・・・・・・・・・・1/2枚
 生クリーム・・・・・・・・・・15cc

 オリーブ油・・・・・・・・・・適量
 小麦粉・・・・・・・・・・・・適量
 白こしょう・・・・・・・・・・少々
 ナツメグ(粉)・・・・・・・・少々

ホワイトソース(出来上がり120g分)
 無塩バター・・・・・・・・・・10g
   薄力粉・・・・・・・・・・・・10g
 牛乳・・・・・・・・・・・・・100cc
 塩・・・・・・・・・・・・・・1g

<作り方>
まず、ホワイトソースを作ります。
①フライパンを弱火にかけ、細かく切った無塩バターを入れる。
 バターが溶けたら薄力粉を入れ、ヘラでかき混ぜながら弱火で約2分炒める。
②①のバターと薄力粉がなじみ、表面に細かい泡が現れ、全体がさらっとした感触になったら、冷たい牛乳を一気に注ぎ、泡立て器で良くかき混ぜる。
 火を強め、煮立ったら弱火にして塩を加える。ヘラに持ち替え、とろみがつくまで約2分かきまぜながら煮る。

③鮭のハラスの皮と骨を取り除く。
 3等分くらいのぶつ切りにしてバットに移し、
 塩(魚の重量の1%)を両面にふって20分おく。
 出てきた水分(魚の臭み)をキッチンペーパーで拭き、取り除く。
④ハラスの両面に薄く小麦粉をまぶし、フライパンにオリーブオイルを熱して
 魚の両面を6割程度にさっと焼き、白ワインを加えてアルコールを飛ばす。
 食べやすい大きさにほぐし、別皿に取り置く。

⑤玉ねぎ、じゃがいも、人参の皮をむき、7mm角に切る。
 じゃがいもは水にさらした後、水気を拭く。
⑥白菜の葉先の緑色の部分だけを塩少々(分量外)を入れた熱湯で
 トロトロになるまでよく茹で、細かく刻む。

⑦鍋にオリーブ油を熱し、⑤の野菜を炒め、コンソメの素、水、ローリエを加え、
 野菜がトロトロに軟らかくなるまで煮る。
 途中水分が減ったら水または湯を足す。
⑧分量のホワイトソースを加えて、とろみがつくまで煮る。

⑨鮭のハラスを鍋に戻し、生クリーム、白コショウ、ナツメグを加え味を整える。
⑩器に盛り付け、⑥の白菜をトッピングする。

<コツ・ポイント>

◆魚は手順⑨で再加熱するので手順④で焼き過ぎないようにしましょう。
 固くなります。
◆蕪、冬瓜、ホタテ、タラ、サワラなど
 身のやわらかい食材でバリエーションを楽しめます。

 完成品を丸ごとミキサーにかけてしまえば、簡単ですが、見た目に食欲がわきません。
やわらかければ少し形のあるものを食べられるという方向けに、
なるべく食材の形がわかり、しかもやわらかく食べやすいように調理の工夫をしました。
ぜひ、お試しください。

 

 

 
Top