基本のほうれん草のゼリー

基本のほうれん草のゼリー

基本のほうれん草のゼリー


「ほうれん草のピュレ」(←レシピページにリンクしています)が食べにくい場合は、ピュレに水分を加え、とろみをつけゼリー状にすることで、食べやすくなります。


<材料>
 ほうれん草のピュレ・・・・・・・・・50g
 水・・・・・・・・・・・・・・・・・50g
 ゼリー化パウダー(ミキサーゲル)・・・・・・1g〜1.5g(材料全体の1%〜1.5%)

ほうれん草のピュレを利用します

ほうれん草のピュレを利用します

※ゼリー化パウダーについては「とろみ剤・ゼリー化パウダー」カテゴリーの「ゼリー化パウダーについて」ページ(←リンクしています)に特徴や使い方を紹介しているので、そちらをご覧ください。



<滑らかな作り方>
①ほうれん草のピュレを作る。(「基本のほうれん草のピュレ」レシピへのリンクをご参照ください)
 ピュレと同量の水に全体量の1〜1.5%のゼリー化パウダーを加え、5秒ほどミキサーにかける。
 1分以上の『膨潤タイム』(※注・下記)をとる。
 さらに15秒ほどミキサーで撹拌する。

※「膨潤」(ぼうじゅん)は、食材の水分をミキサーゲルの粉末に吸収させてふくらませ、ムースゼリー状化させることです。ここでは、しっかりゼリー化させるための時間を「膨潤タイム」と呼んでいます。


②5分程度そのまま置き、安定させたら、ゼリーの出来上がり。

*ほうれん草のピュレを作ってからゼリー化するのではなく、はじめから加熱したブロッコリー、水、ゼリー化パウダーを一緒に入れて、ミキサーにかけても良いでしょう。



<もう一つ別の作り方>
①便利な「水ゼリー」を使う方法。
  50ccの水に1%のミキサーゲルを加え、ミキサーで10秒ほど撹拌する。
  1分以上の膨潤タイムをとり、さらに10秒ほど撹拌する。
  5分ほどおくと「水ゼリー」ができる。

水ゼリーの材料

水ゼリーは水とゼリー化パウダーを混ぜて作ります

 

水が、ぷるぷるのゼリー状になった「水ゼリー」のできあがり

水が、ぷるぷるのゼリー状になった「水ゼリー」のできあがり



②ほうれん草のピュレ50gに同量の「水ゼリー」50ccを加え、よく混ぜると、ほうれん草ゼリーを作ることができる。

ピュレと同量の水ゼリー(右)を混ぜるだけでほうれん草のゼリーに

ピュレと同量の水ゼリー(右)を混ぜるだけでほうれん草のゼリーに

 

左は「滑らかな作り方」のもの、右は水ゼリーで作ったもの

左は「滑らかな作り方」のもの、右は水ゼリーで作ったもの



※「滑らかな作り方」(上の写真左側)に比べて、ほうれん草のピュレに水ゼリーを混ぜたもの(上の写真右側)は、混ぜる段階でミキサーにかけていない分、滑らかさは若干粗くなります。粗めでも食べられる場合は、水ゼリーを使う方法でもよいでしょう。

*便利な「水ゼリー」は、出し醤油、ポン酢醤油、ジュースなど液体のものに混ぜると簡単に「ジュレ」を作れるので常備すると便利です。

 「ジュレ」はお刺身、冷や奴、焼き茄子、サラダなどにかけるとからみがよく、おいしく召し上がっていただけます。また、ゼリー化パウダーをジュースや汁物に少量入れることで、簡単にとろみをつけることができ、とろみ剤の代用としてもご利用いただけます。入れ過ぎますとゼリー状に固まってしまいますので分量に注意が必要です。

 ゼリー化したものは温度に関係なく、その状態が保持されます。時間が経っても変わりません。冷蔵庫に入れておけば二日程度は大丈夫です。
数十秒でできるものなので、朝、その日必要と思われる分量を一度に作って一日分を常備しておくだけでも、調理時間を短縮できます。






 
Top