食べる前の準備運動 | クリコ流 ひとりひとりの介護ごはん

食べる前の準備運動

 「噛む・飲み込む」を助ける
 口の周りなどの筋肉を目覚めさせる


 歯をカチカチ噛み合わせてみるだけで、首の周りの筋肉が動くのがわかるように、「ものを食べる」という動きには、口の中だけではなく、実はさまざまな場所の筋肉が使われています。

 口の周り、首から背中、肩、腕など上半身の筋肉がスムーズに動いて、「噛む・飲み込む」という動きを助けているのです。

 ずっと横になっていた姿勢から、起き上がっていきなり食事をしようとしても、「噛む・飲み込む」という動きを助ける筋肉が動きにくくなっているままでは、誤嚥(ごえん)を引き起こしやすい状態だと言えます。

 そこで、食事の前に、口の周り、首や肩を動かす「食べる前の準備運動」をやってみましょう。

 お休みしていた筋肉が目を覚まし、「噛む・飲み込む」動きがスムーズになります。
 これ、私の家族も効果を実感していました。ぜひ、お試しください。

 

肩の周りを動かす体操


【1】 肩を上下に動かす (5回)

肩を上下に動かす

肩を上下に、上げたり、下げたり


【2】 両手をつないで、上に伸びる (1回)

両手をつないで上にのびーる

両手をつないで上にのびーる


【3】 両手をつないで上にのびたまま、左右にたおす (5回)

伸びをした状態で、左右にたおす

伸びをした状態で、左右にたおす


【4】 両手を肩にのせたまま、前に回す・後ろに回す (各5回)

腕を下げないで肩を前後にまわす

腕を下げないで肩を前後にまわす

 

首の周りを動かす体操


【1】 首を、前後にたおしましょう (5回)

【2】 首を左右にたおします 右・左 (各5回)

【3】 首をひねって横を向きましょう 右・左 (各5回)

【4】 首をぐるりと大きくまわします 右回し・左回し (各3回)

 

口の周りの筋肉と舌を動かす体操


【1】 「アー」と声を出しながら口を大きく開く 閉じる  (5回×2)

【2】 「イー」と声を出しながら口唇を横に強く引き 
    「ウー」と言いながらすぼめて前に突き出す  (5回×2)

【3】 舌を、口唇の外まで下に出す、口の中にもどす (10回)

【4】 口を軽く開いて、舌を、口唇の上につける 下口唇につける (5回×2)

【5】 口を軽く開いて、舌を、口唇の右端につける 左端につける (5回×2)

【6】 口を軽く開いて、舌で、口唇の周りを一周する (5回×2)

【7】 ほほを思い切りふくらませる へこませる (5回×2)

 

 毎日コツコツ続けることで、「噛む・飲み込む」を助ける筋肉の動きはよくなっていきます。

 ぜひ、続けてみてください。

 

 

 

 

 

 
Top