食べる時の姿勢も気を付けましょう | クリコ流 ひとりひとりの介護ごはん

食べる時の姿勢も気を付けましょう

 

 ごめんなさい。このページは現在、作成中です。

 食べる時の姿勢は、できるだけ「咽喉(のど)」(首)の部分が真っ直ぐ、あるいはやや前屈するような姿勢を心がけてください。

 リクライニング式のベッドで、やや上体を起こした状態だと、首が後ろに斜めにやや倒れているので、首の後ろに枕などをはさんで、首部分を前屈させて、タテに真っ直ぐになるようにした状態で食べると誤嚥しにくいとされています。

 
 追って、ページが出来次第、こちらに掲載いたします。

 

 

 

 
Top