はじめに大切なこと | クリコ流 ひとりひとりの介護ごはん

はじめに大切なこと


 こちらは、介護ごはんに関連して「はじめに知っておきたい大切なこと」についてのナビゲーションページです。  

 「介護ごはん」で注意したいこと。
 実はとても怖いのが「誤嚥(ごえん)」です。

 飲み込みやすい食べ物というと、表面がつるっとしていて、滑らかなものを思い浮かべる方も多いのではないかと思います。

 でも実は、つるつるしていて滑らかなものは飲み込みやすい一方で、飲み込んだ時に食べものが勢いよく喉(のど)の奥に飛び込んでいきやすく、間違って気管(呼吸の際に肺につながる空気の通り道)に入りやすいという一面があります。

free_食器写真実は液体も気管に入りやすい

 同様に、水分やお茶、お味噌汁のようなサラサラとした液体も、口の中に入ってから喉(のど)を通り過ぎる動きが速いため、実は気管に入り込みやすいのです。

 この、誤って気管に飲み物や食べ物が入ることを誤嚥(ごえん=誤った嚥下)と言います。

 普通は、誤って気管に食べ物が入ってしまったら、反射的に咳き込む、むせるという動作によって、入り込んだ異物を身体の外に出そうとするのが人間の身体の自然な動きです。

 ですが、加齢や病気などの影響によっては、反射的に咳き込む・むせるという動作を行う能力自体が低下している場合があります。

誤嚥(ごえん)が肺炎の原因に

 異物が気管に入ってしまうと、食べ物に付着している細菌が原因で肺炎を起こしやすくなります。これを誤嚥性肺炎といいます。そして、この誤嚥性肺炎は重篤な状況を招きやすいので注意が必要です。

 食べ物を通過させることと、呼吸を自然にうまく切り替えている仕組みについては、「誤嚥(ごえん)を防ぐ」カテゴリーの「誤嚥(ごえん)とは」ページ(←リンクしています)にお伝えしています。 
 

 ちょうど良いやわらかさ、
 飲み込みやすさを知っておきたい

 介護ごはんを必要とされている方が、実際に、どの程度のやわらかさなら十分噛めるのか、どの程度ならしっかり飲み込めるのか。おおよその感じはつかんでいても、「どのくらい」と明確に把握するのは実は難しいものです。

噛める・飲み込める具合は日々変わる

 そしてこれは、ずっと変わらないものではなく、その時々の状態などで変わってきます。「このくらいは大丈夫」と思っていたものが、いつのまにか「食べにくい」ものに変わっていることもあります。一方で、あまりにやわらかすぎても、今度は食感が薄れて、何を食べても同じように感じてしまい、食事を楽しめないことにつながりかねません。

 おおよその目安や考え方、このサイトのレシピでの対応についてまとめたのが「食べやすい食品の形状」ページです。どうぞご参考になさってください。

 ほかに「とろみ剤・ゼリー化パウダー」「役に立つ道具」「調理時間を短縮」「介護の情報」などを掲載しています。ページ上部のメニューから開いて、お役立てください。


◆このページに関連のあるほかのページへ◆

誤嚥(ごえん)はなぜ起きる?など

誤嚥(ごえん)はなぜ起きる?などはこちら

噛む力・飲み込む力の違いと食形状

噛む力・飲み込む力の違いと食形状はこちら

 

 

 

 

 

 
Top