クリーミーなポテトピュレ | クリコ流 ふわふわ希望ごはん

クリーミーなポテトピュレ

クリーミーなポテトピュレ

クリーミーなポテトピュレ

 ポテトピュレは魚・肉料理の付け合わせの定番です。
 バター風味のクリーミーなポテトピュレは、それだけで充分に美味しい料理です。

 いろいろな食材との相性がよく、サラダ、サンドイッチの具、グラタンなどに幅広く活用でき、ブイヨンでのばし即席ポタージュを作ることもできます。

 じゃがいもには、ビタミンB群・Cやミネラル成分が豊富に含まれ、特にビタミンCは熱に強く、煮たり焼いたりしても壊れにいことが特長です。カリウムを多く含み、体内のナトリウム(塩分)量を調節し高血圧を予防したり、利尿作用によりむくみを改善する効果があります。

 たっぷりのバターと牛乳を加え、とろけるような舌触りに仕上がります。

 小分け冷凍した「じゃがいものピュレ」を活用。じゃがいものピュレの作り方は「基本のじゃがいものピュレ」(←レシピページにリンクしています)をご参照ください。

 

<材料2~3人分>
じゃがいも(男爵芋またはメークイン)・・・・・200g
無塩バター ・・・・・・・・・・・・・・・・・20g
牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100cc
塩・こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜

ざいりょう

たっぷりのバターと牛乳がとろける舌触りに



<作り方>
①バターと牛乳は室温に戻す。

②じゃがいものピュレを作る。じゃがいもは皮付きのまま茹でて皮をむき、熱いうちにマッシュする。
 電子レンジを使う場合は、じゃがいもは皮をむき、縦半分、横半分で4等分に切る。
 水にさらし、表面のデンプンを洗い落とす。
 耐熱容器に入れ、水を全体になじませ、ラップをふんわりかける。
 600Wの電子レンジで約5分加熱する。

③②のじゃがいもが熱いうちにバターを加え、切るように混ぜる。
 バターが完全に溶けたところで、牛乳を入れ混ぜる。塩・こしょうで調味する。バターが溶けにくい場合は、電子レンジにかける。
 *練ると粘りが出て、飲み込みにくくなるため注意が必要です。

まぜる

じゃがいもが熱いうちにバターを加えて切るように混ぜ、牛乳を入れる

練らない練らない

練ると粘りが出て飲み込みにくくなります。練らない練らない


④裏ごしするとさらになめらかさが増し、舌触りがよくなる。
 *冷蔵庫で冷やすとバターが固まるためピュレも硬くなります。食べる時は常温まで温め直して召し上がるとよいでしょう。

うらごし

裏ごしのひと手間で、なめらかさがグッと増します

 

もりつけ

ソフトクリームのように盛り付けてもかわいいです

 

 

 

 

 

 

 

 
Top