やわらか鶏団子の治部煮

やわらか鶏団子の治部煮


 治部煮は、そぎ切りの鴨肉、セリ、麩、椎茸などの煮た石川県金沢市の郷土料理です。肉に小麦粉をまぶして煮るため、汁にとろみがつくのが特徴です。

 鴨肉の代わりにふわふわの肉団子を使ることで、噛む力が弱くなった方でもおいしく召し上がれます。汁のとろみが、飲み込みの助けにもなります。

<材料 1人分>
 やわらか鶏団子・・・・・・8個
 かぶら・・・・・・・・・・1個
 ほうれん草の葉・・・・・・40g
 人参の飾り切り・・・・・・2枚
 生麩(花形)・・・・・・・適宜
 小麦粉・・・・・・・・・・適宜


煮汁
 出し汁・・・・・・・・・・200cc
 砂糖・・・・・・・・・・・大匙1
 みりん・・・・・・・・・・大匙1
 薄口醤油・・・・・・・・・大匙1
 塩・・・・・・・・・・・・少々
 水溶き片栗粉・・・・・・・片栗粉小匙1+水大匙1

<作り方>
①鍋にたっぷりの湯をわかし、火力を落としてから、やわらか鶏団子(←リンクしています)のタネをスプーンですくい、浮いてきたらすくいあげ、水気をよく切る。

②かぶらは、筋が残らないよう皮を厚くむき、縦半分に切りさらに3等分のくし切りにする。熱湯で5分程やわらかくなるまで茹でる。

③ほうれん草は、葉のみを塩を入れた熱湯で長めに茹で、冷水にさらし色止めをする。
  水気を絞り細かく刻むかまたはフードプロセッサーで滑らかにすり潰す。

④人参は厚さ5mm程度に切り、やわらかくなるまで水から茹でて、型抜器で花形にぬく。

⑤生麩は厚さ5mm程度に切り、熱湯で1分茹でる。

⑥鍋に煮汁を煮立てる。かぶら、人参、生麩を各々1分程度煮て下味をつけ、別皿に取り置く。

⑦①の肉団子に小麦粉を薄くまぶし、煮汁に加えさっと煮て下味をつけ、別皿に取り置く。

⑧煮汁に水溶片栗粉を加え煮立て、ゆるいとろみをつける。

⑨器にほうれん草、かぶら、生麩、肉団子を盛りつけ、とろみのついた煮汁をかける。

⑩人参の飾り切り、花麩を散らす。好みでわさびを添えてもよい。

 *やわらか肉団子は7割程度火が通るくらいに茹でてから、冷凍保存しておくと、凍ったままトマトソースで煮たり、カレーやスープに入れたりと短時間に調理をすることができて便利です。

 

 
Top