【6】 すぐ食べられる完成品フリージング | クリコ流 ひとりひとりの介護ごはん

【6】 すぐ食べられる完成品フリージング

 

 イザという時のために
 解凍するだけでOKな完成品を冷凍

 時間がないときや体調がすぐれない時など、解凍するか温め直すだけですぐに食べられる調理済みのおかずが冷凍庫にあったら助かりますよね。イザという時のために、メインにもなるようなボリュームのあるおかずと副菜の完成品を冷凍しておくようにします。

 「野菜のピュレ」「ちょい足し&ソース」「肉団子とシート肉」「ご飯とめん類」と素材の冷凍保存方法をご紹介しましたが、これらを作る時に完成品も同時に何品か作っておけば、さらに時間短縮につながります。

 いくつかの素材を組み合わせておかずの完成品を作ってみましょう。

 一つ作るときに、別のおかずも一緒に作る

 ここでのポイントは、一つのおかずを作るときに、一緒に別のおかずも作ってしまうこと。
 たとえば、マカロニとホワイトソースを使う料理を作るときに、この2つを使う別のおかずも一緒に作っておく。イザというときのための「完成品フリージング」ですが、冷凍しておく完成品を作るときにも、まとめ作りで時短できます。

完成品を冷凍しておけば、忙しい時に助かります。ゆとり時間を貯金しましょう

完成品を冷凍しておけば、忙しい時に助かります。ゆとり時間を貯金しましょう

 

マカロニとホワイトソースがあればできるもの

●ふわふわ海老マカロニグラタン

ふわふわ海老マカロニグラタン

ふわふわ海老マカロニグラタン

  マカロニを茹で、ホワイトソースを作って、「*海老のすり身」と混ぜて、焼く手前まで調理を済ませます。1食分ずつオーブン対応の耐熱容器に入れて冷凍します。レシピページはこちら。

  *プリプリした海老はかたくて食べられないという方には「海老のすり身」を使います。
  「海老のすり身」の作り方はこちら。

 

 

 

●マカロニ・ミートソース・グラタン

マカロニミートソースグラタン

マカロニミートソースグラタン

 「海老マカロニグラタン」のマカロニを茹でるついでに作ります。ミートソースはホームメイドでも市販のものでも好みのものを使いましょう。耐熱容器に1食分ずつ入れて冷凍します。



●サーモンのクリームシチュー

サーモンのクリームシチュー

サーモンのクリームシチュー

 「海老マカロニグラタン」でホワイトソースを作るついでに、サーモンのすり身と小さく切った野菜で作ります。野菜は細かく切ればフリージングしても食感はあまり変わりません。

 

 

 

 

 

ポテトピュレで作れるもの

●ポテトグラタン

  ポテトのピュレを作る時に、バターと牛乳をたっぷり混ぜた「クリーミーなポテトピュレ」(←レシピページにリンクしています)をついでに作りグラタン皿に入れ、ちぎったチーズをかけて冷凍します。焼くだけで濃厚なポテトグラタンに。

 

かぼちゃのピュレで作れるもの

●かぼちゃのすり流し

かぼちゃのすり流し

かぼちゃのすり流し

 かぼちゃのピュレを作る時に、出し汁と西京味噌を混ぜてすり流しを作ってチャック付きの冷凍保存袋の1食分ずつ入れて冷凍します。
 レシピページはこちら。

●かぼちゃとリンゴのピュレ

かぼちゃとリンゴのピュレ

かぼちゃとリンゴのピュレ

 かぼちゃのピュレにすり卸したリンゴを混ぜたピュレを小分け冷凍しておくと、ちょっと彩りが欲しいというときに助かります。
 レシピページはこちら。

 

調理時間を短縮・ページナビ

01

02

03

04

05

06


07 

08

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
Top